池口精肉店採用事例 就業2ヶ月目

CASE2018.05.16

「目標は福山駅前に池口精肉店の自社ビルを作ることです。」

何気なくお聞きした今後の目標にびっくりしました。君野さんは2018年3月から池口精肉店に勤め始めたばかりですが、非常に高いモチベーションを感じました。目標だけ聞くと思わず笑ってしまうようなワクワクしてしまうものですが、実現不可なこととは思いませんでした。

というのも、君野さんの前職は200を超える店舗を運営する飲食会社勤務。その中で西日本~広島エリアを任されるポジションで長く勤めておられたそうです。ですので、君野さんが前職で培ってきたノウハウが、これからの池口精肉店を成長させてくれそうな空気感を感じました。

実際にお話をしてみて思ったことは、「楽しそう!」の一言。

「もう毎日すごく楽しくって、社内で夢や目標を語り合える環境に恵まれたことが最高に嬉しいです。」とおっしゃっていました。

本当はもう少しじっくり仕事を探すつもりだったそうなのですが、元々池口精肉店の存在は知っておられ、近年の変化や成長は1人のお客さんとして感じておられたそうです。そして、人材募集が出ていることを知り、NewStooryを読み終えてすぐ電話されたそうです。

その時は年末の繁忙期で、面接は年明けとなりましたが、そのタイミングでの池口精肉店では募集も打ち切っており、お断りの予定だったそうです。でも、会うだけは会ってみようということで面接したところ、「こんな人がうちに来てくれるんだ!」となったそうです。

まだ2ヶ月位ではありますが、池口精肉店から君野さんに対する期待値の高さを伺えましたし、これから成長間違いない企業ですから、君野さんの力が発揮されるシーンがいくつもあるんだろうなと想像できました。

最後に、NewStooryの記事についてもコメントをくださいました。

「記事を読んで、企業として成長していきたいという強い熱量を感じました。私にとっては、企業としてどんなビジョンを考えているのか、どんな人と働くのかが大切でした。それに、ブランディングに力をいれようとしていたことも、企業として前に進みたいんだという意思を感じられました。

読みながら心に決めることができたので、池口精肉店以外に面接する気にもならず、絶対ここで頑張るんだという気持ちで面接にいきました。実際働いてみてですが、書いてある通りでしたし、素晴らしい社長とスタッフに恵まれて邁進できるので何も言うことはありません。」

書いた私としてもすごく嬉しいコメントでした。池口精肉店の人材発掘記事は、企業としてどう成長していきたいのか、どんなことに取り組んでいるのか、具体的に今後何をしていきたいか、そして、誰と働くのかを私なりにまとめてみたつもりだったので、その内容に合致した方が池口精肉店に巡り会えたことはこの上なく嬉しい出来事です。

今後も君野さんの経過を追っていきますが、君野さんから「みんなで美味しいお酒を飲んで語らいましょう」と言ってくださったので、まずは早々に実現したいと思います。

NewStoory > CASE > 池口精肉店採用事例 就業2ヶ月目